救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

2016年9月 かんわだより

2016年9月 かんわだより

患者さまとご家族にやさしいケアを提供し、笑顔が見られる緩和ケア病棟を目指していきます。

病棟スタッフによる『かんわだより』をご覧ください。

9月 秋が深まりつつあります。

9月15日は『中秋の名月』、17日は『満月』でした。
中秋の名月は暦の上での秋。十五夜とも呼ばれ旧暦8月15日に見える月を意味します。
旧暦で秋は7〜9月とされており、その真ん中の日が旧暦の8月15日となるため「中秋」と呼ばれます。
秋は、最も空が澄み渡り、月が明るく美しいとされていたため、平安時代から十五夜には観月の宴が開催されてきました。
江戸時代には、その宴と秋の収穫を感謝する祭事が合わさって月見団子などが一般へと広がり、今の「お月見」が形成されたようです。
十五夜の日は満月の日に近い日ですが、必ずしも満月になるわけではありません。
新月から満月に至る期間が、毎回ぴったり15日間ではないことから、今年は2日間のズレがありました。
両日とも生憎の天候で月が見えにくく、残念ながら写真を撮ることができませんでしたが、
秋の夜長に夜空を見上げてみるのも良いかと思います。
病棟内の装飾もすっかり秋めいてまいりました。
少しずつ朝晩の空気が冷んやりとしてきましたので、みなさん、御身体をご自愛ください。
また、台風も多く接近していますので、お気をつけてお過ごしください。

Photo&Text:KUBO

kanwa201609

kanwa2016092

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市