救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

感染対策委員会

感染対策委員会 患者さまと職員を感染症から守る

目的

医療関連感染(院内感染)とは、入院中の患者さまが入院の原因になった病気とは別に、病院内で新たな感染症に罹患すること、また、医療従事者が病院内において罹患することをいう。当委員会は、医療関連感染の防止対策や院内で発生する種々の感染症に対して、適切かつ迅速に院内の方針を決定し、更にコストがかかる新規対策の導入などを決定する機関としての役割を担っている。院内の方針と新規対策の導入などは院内感染対策委員会での決定事項に基づき、ICTや感染リンクスタッフ委員会において現場での感染防止対策の推進活動を遂行している。

スタッフ

理事長、病院管理者、ICD、看護管理部長、医療安全管理者、医事課・薬剤課・検査科の責任者、感染管理者

活動

毎月1回委員会を開催。今年度の主な取り組みとして、麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎感染症の予防対策として、職員の抗体価測定や抗体未獲得者へワクチン接種の推奨を実施行った。その他、手洗いチェッカーを活用し職員へ手指衛生の教育を実施。個人携帯用擦式手指消毒剤の導入を行った。

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市