救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

入院から退院まで

回復期リハビリテーション病棟のご案内 入院から退院まで

入退院の手続きの流れ

院内での転棟の場合

maru1
①転棟申し込み
急性期治療を終え、リハビリが必要である対象疾患の患者さまに対して、主治医の許可の下転棟申し込みをします。

tate_sankaku_blue

maru2
②転入
患者さまの情報をもとに、受け入れ日程の調整を行い転入となります。

院外からの転院の場合

maru1
転院元の医療機関ご担当者さまからご連絡ください。
MSW(医療ソーシャルワーカー)までお電話(048-552-1111)にてご相談ください。
医療連携室はこちら>>>

tate_sankaku_blue

maru2
転院受け入れについての相談後、日程調整を行います。

tate_sankaku_blue

maru3
一般病棟入院
一旦急性期病棟(一般病棟)へ入院となります。

tate_sankaku_blue

maru4
必要な検査が終了次第、回復期リハビリテーション病棟へ転入となります。

リハビリスタート

日常生活動作そのものがリハビリの一環となるようにチーム全体で取り組み、機能回復に向けてのお手伝いをさせていただきます。

  • 定期的なカンファレンスにてリハビリテーションや生活のご報告、ご意向の確認等を行っていきます。
  • 生活リハビリを毎日実施し、一人ひとりの患者さまの自立支援を行います。
  • 担当看護師を中心に、患者さまが安全・安楽にリハビリテーションが受けられるような援助をさせていただきます。
  • 医師とも定期的なコミュニケーションを図り、状態変化時は速やかに対応します。
  • 退院へ向けて、必要に応じ外出・外泊練習を行います。
  • 生活環境の準備・調整を行います。

退院へ向けてのフォロー体制

  • 入院中のカンファレンスには、患者さま、ご家族さま、看護師、リハビリスタッフ、MSW(医療ソーシャルワーカー)の他、担当のケアマネージャー(介護支援専門員)にも参加していただき、退院後の生活の確認・検討を行います。
  • ケアマネージャーが未定の方には、近隣の在宅介護支援センター等のご案内をいたします。
  • 他施設への入所をご希望の方には、施設のご紹介をいたします。
  • 退院後、当院の通所リハビリテーションをご利用することもできます。

お問合せ

MSW(医療ソーシャルワーカー)
TEL 048-552-1111
相談日時:9:00~17:00
※土曜午後・日祭日・年末年始を除く

医療関係者の方へ

患者さまの転院受け入れにつきましてはこちらをご覧ください。>>>

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市