救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

特徴

回復期リハビリテーション病棟のご案内 チーム医療でスムーズな退院をサポート

回復期リハビリテーション病棟の特徴

回復期リハビリテーション病棟は、看護・介護職員、リハビリセラピスト、MSW(医療ソーシャルワーカー)で構成され、急性期治療を終 了した患者さまが在宅復帰を目標として集中的にリハビリテーションを行うための病棟となります。院内の患者さまだけではなく、他の病院から回復期リハビリ を目的に転入される患者さまも多くいらっしゃいます。
回復期リハビリテーション病棟で重要なことは、患者さまやそのご家族、病棟スタッフが思いを共有し、同じ目標をもつことです。そのため、転入後1週間をめ どに退院後の生活についての確認や検討を行います。必要に応じ家庭訪問や外出・外泊なども行います。在宅復帰に際してはご本人とご家族の思いを確認し、自 立した生活を営むための目標設定をしてリハビリに反映していきます。このようなカンファレンスを定期的に行い、退院後の姿をイメージしスムーズに退院へつ なげることができるようにスタッフ全員で取り組んでいます。

回復期リハビリテーション病棟に入院できる患者さま

(1) 脳血管疾患、脊髄損傷などの発症または手術後2ケ月以内の状態の方
(2) 大腿骨・骨盤・脊椎・股関節若しくは膝関節の骨折または二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後2ケ月以内の状態の方
(3) 外科手術(開腹・開胸)または肺炎などの治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後または発症後2ケ月以内の状態の方
(4) 大腿骨・骨盤・脊椎・股関節または膝関節の神経・筋・靭帯損傷後1ケ月以内の状態の方
(5) 股関節又は膝関節の置換術後1ケ月以内の状態の方

入院相談・お問合せ

MSW(医療ソーシャルワーカー)
TEL 048-552-1111
相談日時:9:00~17:00

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市