救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター 一貫したリハビリテーションのご案内

22yajirushiスタッフ紹介 22yajirushi実績・取組み 22yajirushi受診について

リハビリテーション科には、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)が110名所属しています。リハビリテーションは、医師の指示のもと病気やけがなどによって障害が生じた患者さまの機能を回復し、家庭復帰・社会復帰が可能な限り早期にできる ようお手伝いする事が主な仕事です。また、機能の回復が難しい場合には残った身体機能を活かし、自立した生活が営めるようリハビリテーションを行います。

理学療法では、運動療法や物理療法を用いて“立ち上がる”“歩く”といった生活の基本となる動作を出来る限り可能にすることを目標としています。作業療法 は、日常生活動作の練習や家事などの応用的な動作、復職に向けたリハビリテーションを行います。また、作業活動を通じて能力の回復や社会的な適応力の回復を図ります。言語聴覚療法では、コミュニケーションに障害が生じた方への練習や指導、嚥下能力の回復を図ります。これら3つの療法で患者さまと共に退院へ向けてのリハビリテーションを行います。

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市