救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

入院生活について

  • HOME »
  • 入院生活について

入院生活について 安心して療養できる環境を

入院時に必要なもの

衣料

  • 下着
  • パジャマ
  • バスタオル
  • ガウン(検査などで病棟外に出る時に上から羽織るもの)等
    ※病衣は病院にも用意がありますが、有料となります。

日用品

  • 洗面用具(タオル、石鹸、シャンプー、ひげ剃り、くし、歯ブラシ、コップなど)
  • スリッパなどの室内履き
  • ティッシュペーパー
  • 食事用具(湯のみ、箸、スプーンなど)
  • 時計
  • 必要な方はおむつ(リハビリパンツ、尿取りパッド)など
    それぞれご用意ください。
    ※持ち物には名前を必ずお書きください。

その他

  • 現在お飲みになっている内服薬や、お使いの目薬、塗薬などがありましたら、ご持参のうえ看護師にお渡しください。 手術入院の場合は、看護師から別途ご説明します。
    ※多額の現金や貴重品を、お持ち込みにならないようお願いします。万一、事故が起きましても、当院ではその責任を負いかねます。

入院生活のご案内

  • 朝食は午前8時、昼食は正午、夕食は午後6時です。
  • 病状により、治療食(流動食、糖尿病食、肝臓病食、腎臓病食、心臓病食、幼児食など)が用意されますので、許可なく飲食物を持ち込むことはご遠慮ください。また、患者さま同士の飲食物の交換、お裾分けはおやめください。
  • 消灯時刻は午後9時です。
  • 新南棟正面玄関は、午後6時に施錠、午前8時に開錠します。東棟クリニック側出入口は午後7時に施錠、午前7時30分に開錠します。夜間、外出されます際には看護師の許可を得て、救急センター事務当直者にその旨をお知らせください。
  • 入浴、運動、外出、外泊(2泊3日まで可能)は、必ず主治医の許可を受けて下さい。
  • 外出、外泊の際は、必ず看護師に連絡し、許可を得てください。
  • 無断外出、外泊をされ、事故などに遭われても、当院では責任を負いかねます。
  • 洗濯機、乾燥機の使用時間は、午前7時~午後8時です。
  • 病院内での宗教的・政治的行為は禁止されています。
    ※万一、非常事態が発生した際には、職員の避難誘導指示に従って行動してください。

服薬のお手伝い

薬のより良い効果を得るためには、薬の飲み方、使い方、効用(薬の働き)、副作用などを充分理解していただくことが大切です。
当院では、薬剤師が患者さまのもとへ直接うかがって、服用中の薬を説明し、患者さまご自身が薬の必要性を理解した上で正しく服用していただけるようお手伝いをしています。薬について、相談や質問があるときは下の質問例を参考に、ご遠慮なく薬剤師に声をおかけください。

質問例

  • 薬の飲み方がわからない
  • 薬を飲んで具合が悪くなった
  • 薬を飲み忘れたり、飲み間違えたらどうしたらよいのか
  • 薬の名前、働きが知りたい
  • 薬の保管方法 など

栄養相談のおすすめ

当院の栄養科では、病気に適した食事の種類や食生活の指導を行っています。高血圧、胃潰瘍、糖尿病、高脂血症などの方に管理栄養士が直接ご指導します。
食事療法は、食事を制限する事ではなく、体に適切な栄養をとる健康食です。指導をご希望の方は、管理栄養士または看護師にお申し出ください。

付き添い

当院は基準に基づく看護を実施していますので、付き添いはできません。ただし、病状により医師の許可があれば付き添いが認められますので、希望される場合には看護師にご相談ください。

診断書・証明書など

診断書や証明書などが必要な際には、1階の受付にお申し出ください。なお、退院されてから必要になった場合には、外来受付にご相談ください。

電話のご利用

  • 緊急時を除き、入院中の患者さまに電話口への呼び出しはいたしません。
  • 携帯電話のご使用は、電波による医療機器の誤作動および騒音(呼び出し音、大声での通話など)による安静な入院環境の妨げとなるため、ご遠慮ください。
  • 公衆電話は各階にあります。
    ※他の患者さまの迷惑となりますので、午前6時~午後9時以外は、1階ロビーの電話をご利用ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市