救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

メディカルアシスタント室

メディカルアシスタント室 ドクターサポートのスペシャリストチーム

22yajirushi実績・取組み

メディカルアシスタント室のご案内

医師事務作業補助者とは

医師事務作業補助者のことをメディカルアシスタント(MA)と呼称し、医師の指示のもとに診断書などの文書作成補助、診療録(カルテ)への代行入力、診療に関するデータ整理、臨床研修のカンファレンスのための準備作業などを行っております。
医師不足の問題が頻繁に取り上げられる中で、病院勤務医の過剰な労働環境、また、医療専門職が本来業務に専念する意味においても、直接診療に携われる専門 的な教育を受けた事務職の必要性が高まり、平成20年の診療報酬改定で、医師事務作業補助加算(メディカルアシスタント)が新設されました。これにより医 師事務作業補助者の配置が、病院勤務医の負担軽減に繋がり、現在では急性期病院において専門性の高いメディカルアシスタントが必要不可欠な存在となってい ます。

診断書等の文書作成補助や電子カルテの代行入力、医師の外来業務補助、症例カンファレンス、外科症例登録などを中心に活動しており、これま で、医師が担ってきた事務作業に関しては、ほとんどをメディカルアシスタントが担っております。医師の外来業務の補助については、一般内科・呼吸器内科・ 循環器内科・整形外科・血管外科・泌尿器科・健診と多岐にわたります。

MA室について

当院のMAは、医師事務作業補助体制加算2 25対1の届出を行い、平均年齢も27.6歳と20~30歳台まで幅広く活躍しています。医療 業界が未経験のスタッフも多いのですが、入職から6カ月以内に32時間以上の予め定められたカリキュラムを履修し、職場内で実務研修を行うことによって専 門知識を習得することができます。
当院にMAが誕生してから約7年が経過し、他部署のスタッフ間でも徐々に“MAとは何か?”が浸透し始めてきており、その必要性が業務内容からも見てとれるように進化しています。

主な業務内容

1. 診断書等文書作成補助
2. 診療録(カルテ)への代行入力
3. 外来診察補助
4. 院内カンファレンスの運営
5. 外科手術に関する症例登録
6. 医局秘書業務

診療科のご案内

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市