救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

内科

内科診療のご案内 患者さまに満足していただける診療を心がけています

22yajirushiスタッフ紹介 22yajirushi診療実績・症例

内科とは、主に肺や心臓、胃腸、肝臓などの諸臓器を診療の対象とし、手術によらない方法で治療を行う診療科をいいます。近年は専門性を高めた診療を行うために、内科も細分化される傾向にあります。当院でも入院患者さまは、循環器、呼吸器、消化器などを専門とする医師が担当しております。その一方で、糖尿病と呼吸器感染症、脂質異常症と循環器疾患など複数の診療科にまたがる疾病を抱えて入院される患者さまも増えております。当院では、これらの複数の疾病をもった入院患者さまや循環器、呼吸器、消化器を除く内科系疾患の患者さまは一般内科の医師が治療を担当させていただいております。
 
 外来では、同様に循環器、呼吸器、消化器、内分泌代謝内科、糖尿内科、神経内科、膠原病科の専門の医師が外来を担当しております。初診の患者さまでどの診療科を受診すればいいのか分からない、複数の診療科にまたがる疾病を抱えている方は、まず、一般内科を受診してください。一般内科で初期診断と治療、必要な場合には専門科への紹介を行っています。
 
 当院の内科は、広い範囲に及ぶ疾患に対応するとともに、それぞれの領域において専門性の高い医療を提供し、患者さまに満足していただける診療を心がけています。緊急または重症の患者さまの治療はもちろん、慢性疾患への対応、悪性腫瘍の内科的治療も行っています。
 患者さまの割合としては、内科系のすべての診療科を合わせると外来・入院ともに病院全体の4割以上の患者数を占めています。平成28年の実績では、外来患者さまは1日平均265人、年間のべ受診数は78,608人、新規入院患者さまは年間3,593人でした。

内科部長 竹内広史

腎臓専門医より

腎臓内科では、健康診断での異常(蛋白尿、血尿、腎機能低下)、慢性腎臓病(糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎、腎硬化症など)、急性腎不全、電解質異常、全身性疾患に伴う腎障害(膠原病、血液疾患など)、血液透析、腎不全・透析関連合併症、その他にも腎臓と深く関係している高血圧などの生活習慣病、さらには浮腫なども診療対象としております。緊急処置を要する急性腎不全等の疾患には積極的に急性血液浄化療法やアフェレシス療法を導入し、集中管理治療を行っております。また外科系診療科とも連携し、周術期の透析管理や術後急性腎不全などにも対応しております。
 
 埼玉県北部地域には腎臓内科で入院可能な医療機関が少なく、急性腎不全や末期腎不全で透析導入を要する入院加療が必要な患者さまが、近隣の医療機関を中心に紹介入院となることが多いです。また近隣の透析施設から透析患者さまが紹介入院となることも多く、合併症管理に対応しております。
 
 近年の高齢化に伴い、合併症の多い重症な患者さまが多数入院されております。そのため病気に対する治療のみではなく、当科では定期的に多職種合同カンファレンスを実施して、患者さまの診療上の問題点を共有し、患者さまに適切な医療が提供できるように治療方針を決めております。
 
 平成29年度からは日本腎臓学会研修施設、日本透析医学会教育関連施設、日本アフェレシス学会認定施設、日本急性血液浄化学会認定施設に認定されます。今後もより一層、埼玉県北部地域の医療が充実するように努力していきたいと思います。

腎臓内科医長 佐藤貴彦

 

■ 循環器内科・消化器内科・呼吸器内科の詳細につきましては、各サイトをご覧ください。

診療科のご案内

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市