救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

スタッフ紹介

 スタッフ紹介

眼科部長 里深信吾(さとふかしんご)
平成11年 慶應義塾大学卒
日本眼科学会 眼科指導医・専門医、医学博士、PDT認定医
【受賞歴】
平成23年 日本眼科学会学術奨励賞
平成24年 日本糖尿病眼学会学術奨励賞 福田賞

眼科で最も一般的な白内障手術に関しては、最新の手術装置であるインフィニティを導入してこれまで以上に安全な手術を心がけ、手術中の 合併症や患者さまへの負担が減りました。先進国における成人の失明原因として相変わらず大きな比重を占めている糖尿病網膜症は、その治療法の確立はいまだ に大きな課題となっています。レーザー治療や手術などは確かに有効ですが、これらの治療法は視機能が障害されてから行うことが多く、組織破壊を伴うという 側面があります。その結果、加療しても視機能は不良のままであるということをしばしば経験してきました。私は視機能が障害される前から積極的に行える安全 かつ有効な治療法を開発しようと現北海道大学大学院医学研究科眼科学分野石田晋教授の元で研究を行い、高血圧の治療薬として広く使用されているレニン・ア ンジオテンシン系の阻害薬が糖尿病網膜症の進行抑制に非常に有効であることを見いだしました。幸いにもその成果が評価されて、日本眼科学会学術奨励賞や日 本糖尿病眼学会福田賞を頂戴しました。糖尿病は高血圧を合併することも多く、レニン・アンジオテンシン系の阻害は眼局所のみならずその全身背景をも是正す る予防医学的な側面ももった新しい治療戦略の一つと考えることができます。糖尿病の患者さまはこれまで以上に内科と連携して治療に当たっていきたいと考え ています。私一人の力は微力ではありますが、他科の先生方や眼科スタッフとの連携を密にして、当院の発展に少しでも貢献できれば大変うれしく思います。

satofuka_clip_image0082011 年の日本眼科学会学術奨励賞受賞に引き続き、2012年11月に開催された第18回日本糖尿病学会(福岡)で第5回福田賞を受賞しました。糖尿病などの生 活習慣病と眼疾患との関係が専門ですが、当院では白内障手術も多数手がけております。視力低下や目のかすみなどの自覚症状がある患者さまは、お気軽に眼科 外来にご相談ください。

眼科 外来診察医師担当表

外来診察医師担当表はこちら>>>

休診のご案内

休診につきましては、行田総合病院附属行田クリニックにお問合せください。
電話:048-554-0005

診療科のご案内

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市