救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

理事長あいさつ

理事長あいさつ かけがえのない命を守る

壮幸会行田総合病院は、昭和63年12月当地に開設以来、地域の皆さまにご支援をいただき、診療内容の充実を図りながら、病院施設の整備に努めてまいりました。

その結果平成16年には地域医療支援病院、平成22年には災害拠点病院にも指定されました。加えて、病気の予防から治療、さらには介護や在宅医療の支援まで、患者さま一人ひとりのニーズに応えられるサービスの提供が、病院に求められるという考えから、医療・福祉の総合的な支援体制強化に注力。現在では、介護老人保健施設ハートフル行田、在宅介護支援センター、訪問看護ステーション、訪問介護ステーション、複合型介護保険施設心春(こはる)、社会福祉法人壮幸会特別養護老人ホーム雅(みやび)を開設しています。

こうした施設の拡充に伴い、職員の教育にはことの他力を注ぎ、「かけがえのない命を守る」医療従事者として、常に学ぶ姿勢、奉仕と感謝、そして責任の自覚を基本理念に、日々研鑽に努めています。

更に平成23年5月、壮幸会は社会医療法人の指定を受けています。日赤病院など公的医療機関と同様に、公益性の高い医療機関として認められた事になります。壮幸会グループとして大きな誇りを感じると共に、これからも、真に地域の健康、地域社会の発展を支える病院であり続けたいと思います。

社会医療法人壮幸会 行田総合病院
理事長 川嶋 賢司

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市