救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

消化器内科

消化器内科診療のご案内 外科との連携を含め、専門性の高い迅速な診療を行っています

22yajirushiスタッフ紹介 22yajirushi診療実績・症例 22yajirushi内視鏡センター

『家康、江戸を建てる』という本が売れている。この本の最初のテーマは江戸の水害対策で、有名な利根川の東遷工事について書かれている。しかしこれを請け負ったのが伊奈氏で、忠次からの三代をかけて成功させ、その墓は鴻巣の勝願寺にあることは全く知らなかった。意外と身近な話であったのだ。治水工事の現場はこの辺りのようなので、江戸を守るために埼玉北部地域の方は苦労させられたのではないかと勝手に想像したりしてしまった。一方、このあたりの治水工事として、荒川の西遷も行われており、それは、利根川の東遷と併せて、忍領の水害対策という側面もあったらしい。当時忍領は家康の四男の松平忠吉が治めており、幕府にとっての重要拠点であったのだろう。今でこそ行田の街は熊谷に比べてマイナー扱いであるが、鉄道が通るまでは、この地域の中心は行田であったのだ。
 その影響なのか今でも行田は道の繋がりがよく、どこからでも車で行くなら行きやすいとタクシーの運転手さんに聞いたことがある。そう考えると、電車では来にくいが、自家用車や救急車なら来院しやすい当院は、病院としてこの地域で果たす役割も多いのでは、と感じてくる。 
 消化器内科は、今年メンバーがかなり入れ替わります。しかし、現体制になって5年経ち、多くの消化器の患者さまに来ていただけるようになってきました。これからも地域に貢献できるよう努力していきます。

内視鏡センター長 芹澤昌史

 

診療科のご案内

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市