救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

消化器内科

消化器内科診療のご案内 外科との連携を含め、専門性の高い迅速な診療を行っています

22yajirushiスタッフ紹介 22yajirushi診療実績・症例 22yajirushi内視鏡センター

 

 地域医療支援病院、がん診療指定病院である当院の消化器内科として、常勤医師6名体制で消化器内科疾患全般の診断・治療。各種検査を施行して消化器疾患の診断、中でも消化器悪性腫瘍の診断・治療。また、進行して終末期状態になった消化器疾患の治療、緩和ケアも行ってきました。
 診断群分類別入院患者数は、胃の悪性腫瘍が60件、大腸の悪性腫瘍が33件、小腸・大腸の良性疾患が109件、肝・肝内胆管の悪性腫瘍が19件、胆管結石・胆管炎が102件、肝硬変が50件、急性膵炎が26件と、疾患は消化器内科疾患全般にわたりました。
 とくに内視鏡治療が多く、内視鏡的胆管ドレナージや採石術、早期消化管癌(食道、胃、大腸)の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を多数行いました。またウイルス性慢性肝炎に対する抗ウイルス治療(インターフェロンフリーの経口治療)や肝硬変に対する総合的なマネージメント治療、肝癌に対するラジオ波治療や冠動脈塞栓術(TACE)なども行いました。※詳しくはP96を参照ください。
 本年も毎週金曜日に消化器外科と病理診断科と合同カンファレンスを行いました。キャンサーボートと位置付けて、各科の専門医師が意見を交換し合い、患者さまに一番適切な医療を提供できるようにしています。
 2019年も消化器内科のセンター病院として、地域医療に貢献できるよう努力して参ります。

内視鏡センター長 芹澤昌史

 

診療科のご案内

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市