救急医療から在宅まで〜心あたたかな医療・福祉で地域に奉仕する〜

泌尿器科

泌尿器科診療のご案内 地域の皆さまの信頼にお応えできるように努力しています

22yajirushiスタッフ紹介 22yajirushi診療実績・症例

当院泌尿器科は常勤医師5名、非常勤医師6名の11名体制で診療業務を行っています。医療機器も新たに細径電子スコープ型尿管鏡、ハイビジョンモニターを導入し、より安全で高度な内視鏡治療が可能になりました。また、腹腔鏡手術の導入で腎癌、腎盂尿管癌、腎盂形成術は内視鏡下手術に移行し良好な手術成績を得ております。

さらに2017年5月より手術支援ロボットda Vinci(ダ・ヴィンチ)を導入し、前立腺癌手術は全例ロボット支援手術に移行しました。日本国内にda Vinciでのロボット支援手術を導入した吉岡邦彦医師(元東京医科大教授)の協力を得られ、ロボット支援手術ならではである出血が少なく、極めて精度の高い前立腺癌手術に移行できたものと思われます。また、12月からは腎癌に対してもロボット支援手術による部分切除を導入し、順調な手術経過が得られています。

当院は埼玉県北部医療圏にて中核を担う病院であり、近隣施設からの紹介患者数も増加しております。急性期疾患にはできるだけ速やかな治療を導入し、癌治療では疑問点を残さないように配慮した治療説明を行うように心がけています。中核病院としての期待に応えられるよう、さらに様々な取り組みを行っていきたいと考えています。

副院長/泌尿器科部長 林 暁

以下のような症状の方は、お気軽にご相談ください。
・尿の勢いが悪い
・尿が近い
・尿に血が混じった
・排尿時に痛みや残尿感がある
・検診で尿潜血を指摘された
・検診でPSAが高いと言われた
・検診で腎に異常を言われた
・尿を漏らすことがある
・男性不妊の疑いがあるといわれた
・背部や横腹に痛みがある
・陰のうや局部に腫れ、しこりがある




Produced by映像による医療活性化プロジェクト


Produced by医療活性化プロジェクト




Produced by医療活性化プロジェクト

診療科のご案内

お気軽にお問い合わせください TEL 048-552-1111 〒361-0056 埼玉県行田市持田376

PAGETOP
© 2016 社会医療法人 壮幸会 行田総合病院 | 埼玉県行田市