平成29年度 行田総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
【定義】
・平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院された患者さんが対象となります。
・医療保険を使用された患者さんを対象とし、自動車自賠責責任保険や労災保険、自費等は含みません。
・年齢は、最初の入院日時点を基準としております。
・10未満の患者数は[-]ハイフン表記しております。
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 40 62 97 164 305 514 1,320 2,138 1,739 478
当院は、地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しております。昨年度より8%増加となりました。退院された患者さんの中で、70歳代が一番多く全体の約3割を占めています。
60歳以上の患者さんの割合が全体の8割を超え、地域社会の高齢化がさらに進んでいることがわかります。
▲トップへ戻る
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 199 2.81 3.03 2.01% 71.91
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 189 34.48 20.83 1.06% 79.47
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 141 22.84 17.71 0.71% 79.47
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 114 4.43 4.62 0.0% 66.93
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 71 9.79 10.61 2.82% 69.15
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 その為、全国の平均在院日数より長い症例もございます。以下に「急性期病棟のみの平均在院日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均在院日数】
1.狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし : 2.81日
2.誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし : 22.11日
3.心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし : 18.68日
4.狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし : 5.49日
5.胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし : 0.15日


内科では狭心症・心不全・誤嚥性肺炎・胆管疾患の患者さんが多く入院されました。
当院の内科は一般内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・腎臓内科があり疾患に応じた対応をさせて頂いております。

診療科のご案内:内科

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 185 3.66 5.75 0.54% 58.11
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 119 6.22 7.31 0.0% 68.82
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 68 8.71 9.73 0.0% 69.56
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし 62 3.1 5.39 0.0% 47.26
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 58 10.4 12.92 0.0% 63.97
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 その為、全国の平均在院日数より長い症例もございます。以下に「急性期病棟のみの平均在院日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均在院日数】
1.上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 副傷病なし : 3.66日
2.膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし : 6.21日
3.前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 : 8.71日
4.上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし:2.87日
5.前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし:10.4日


泌尿器科では上部尿路疾患・膀胱腫瘍・前立腺の悪性腫瘍の患者さんが多く入院されました。
平成29年5月より、ロボット支援手術機器(ダ・ヴィンチ)を導入し前立腺がんの治療および腎がんの治療をおこなっております。 平成30年7月にはダ・ヴィンチによる症例が100件を達成することができました。

診療科のご案内:泌尿器科

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 45 5.93 6.64 0.0% 61.27
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 34 4.41 5.56 0.0% 27.94
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 10.03 8.98 5.88% 70.29
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 13.07 15.61 0.0% 66.55
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 27 1.78 3.20 0.0% 63.33
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 その為、全国の平均在院日数より長い症例もございます。以下に「急性期病棟のみの平均在院日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均在院日数】
1.胆嚢疾患 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 : 5.93日
2.虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 : 4.41日
3.ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし : 10.03日
4.結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし :12.52日
5.静脈・リンパ管疾患 その他の手術 :1.78日


外科では鼠径ヘルニアの患者さんが多く入院されました。平成29年度は鼠径ヘルニアがDPC対象症例ではないのため、除外してあります。 次に胆のう疾患の患者さんが多く入院されました。当院の外科は地域がん診療指定病院として、各診療科と連携し、食道がん・胃がん・大腸がん・肝臓がん・胆道がんなどの消化器がんに対し、 専門性の高い手術療法や化学療法を行っています。加えて、鼠径ヘルニア・胆石症・痔などの診療も行っています。 急性胆嚢炎・急性虫垂炎・腸閉塞・上部下部消化管穿孔などの腹部救急疾患にも対応しております。

診療科のご案内:外科・消化器外科

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 115 63.15 27.09 4.35% 80.57
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 69 51.54 19.94 0.0% 77.58
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 36 11.72 5.21 0.0% 57.50
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 19 38.47 25.09 0.0% 72.11
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 18 3.67 5.80 0.0% 47.78
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 その為、全国の平均在院日数より長い症例もございます。以下に「急性期病棟のみの平均在院日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均在院日数】
1.股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等:25.19日
2.胸椎、腰椎以下骨折損傷 手術なし 副傷病なし : 17.48日
3.前腕の骨折 その他の手術 副傷病なし : 6.81日
4.膝関節症 人工関節再置換術等 : 23.05日
5.骨軟部の良性腫瘍 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 処置1なし 副傷病なし:3.67日


整形外科では大腿骨頚部骨折の患者さんが多く入院されました。
大腿骨頚部骨折は、術後のリハビリテーションが重要であり、当院では早期リハビリテーションの介入を積極的に行っております。
平均年齢から高齢者の骨折が多いため、長期のリハビリテーションが必要な方も多くいられます。 その際は当院の地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟等を利用し回復をはかっております。

診療科のご案内:整形外科

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 60 43.53 16.38 0.0% 74.35
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 13.83 11.75 0.0% 77.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 17.13 7.34 0.0% 67.33
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 23 60.43 18.34 4.35% 74.35
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 13.82 6.32 0.0% 59.09
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 その為、全国の平均在院日数より長い症例もございます。以下に「急性期病棟のみの平均在院日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均在院日数】
1.脳梗塞 CCPM04 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし : 19.85日
2.非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 副傷病なし : 12.03日
3.頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし : 9.87日
4.脳梗塞 CCPM04 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病:水頭症等(1) :26.83日
5.てんかん 手術なし 処置2なし 副傷病なし :13.95日


脳神経外科では脳梗塞の患者さんが多く入院されました。
脳梗塞で入院する多くの患者さんは、高血圧症・糖尿病・心疾患・その他の疾患をお持ちです。意識障害や失語症等がある重度の方は合併症の治療も行う必要があります。 急性期の治療が終了し、リハビリテーションを継続する必要がある患者さんは回復期リハビリテーション病棟を利用し、リハビリテーションを継続して頂いております。
急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法から血栓回収療法へつなげる地域連携システムが活動開始しました。

診療科のご案内:脳神経外科

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 22 7.32 8.90 0.0% 60.55
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 17 7.47 7.23 0.0% 60.94
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.15 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.48 - -
030320xxxxxxxx 鼻中隔弯曲症 - - 6.83 - -
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 その為、全国の平均在院日数より長い症例もございます。以下に「急性期病棟のみの平均在院日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均在院日数】
1.慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 : 7.32日
2.慢性副鼻腔炎 : 7.47日


耳鼻咽喉科では中耳炎・慢性副鼻腔炎の患者さんが多く入院されました。
手術治療を中心に加療を行っております。耳鼻咽喉科の守備範囲は首から上(目・脳・歯以外)の広範囲としております。

診療科のご案内:耳鼻咽喉科

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 3.46 6.32 0.0% 4.92
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.70 - -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.50 - -
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病 なし - - 2.66 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし - - 4.01 - -

小児科では喘息、肺炎などの患者さんが入院されました。
軽症から中等症の急性疾患にかんして診療していますが、さらに専門的な評価が必要な疾患や重症疾患につきましては、
連携しております小児医療センターや大学病院等にご紹介しております。

診療科のご案内:小児科

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.30 - -

眼科では白内障手術での患者さんが多く入院されました。
白内障手術(水晶体再建術)は平成29年度ではDPC対象症例ではないため、除外しております。

診療科のご案内:眼科

▲トップへ戻る
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 75 14 22 11 - - 1 7
大腸癌 16 35 47 28 - - 1 7
乳癌 - - 1 7
肺癌 - - - 29 - 1 7
肝癌 - - 15 - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸がんが最も多くなっています。次いで、胃がんとなっています。
当院は、内視鏡的治療、腹腔鏡的治療、手術、抗がん剤治療など患者さんに合わせた治療法を選択し総合的に管理しています。

消化器がん診療に関して、キャンサーボードを行っています。(キャンサーボードとはすべてのがん患者さんの治療方針を多診療科で横断的に話し合う場)
▲トップへ戻る
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 21 13.29 57.62
中等症 203 20.11 76.99
重症 93 24.97 83.23
超重症 54 32.59 84.59
不明 - - -
市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎です。 重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。 重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しました。
◆ A-DROP ◆
A:(Age) 男性≧70歳,女性≧75歳
D:(Dehydration) BUN≧21mg/dl 又は 脱水あり
R:(Respiration) Sp02≦90% (PaO2 60torr以下)
O:(Orientation) 意識障害あり
P:(BloodPressure) 収縮期血圧≦90mmHg

軽症 :上記項目のいずれも該当しない
中等症:上記項目の1つまたは2つと該当
重症 :上記項目の3つと該当。ただし意識障害・ショックがあれば1項目のみでも重症とする
超重症:上記項目の4つまたは5つと該当

当院では中等症の患者さんが多いです。中等症以上の患者さんの平均年齢は70歳代後半から80歳を超え、高齢者の方ほど重症化しやすいことがわかります。
▲トップへ戻る
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 169 62.01 75.72 3.41%
その他 - - - -
脳梗塞の患者さんの90%は発症から3日以内に治療を開始しております。
当院では、t-PA血栓溶解療法の治療をおこなっております。詰まった脳血管内の血栓を薬で溶かす療法です。 平成29年より、血管内治療も開始しました。患者さんの状況に応じて最適な治療を選択できるようになりました。 脳血流の再開が早ければ後遺症が軽くなる可能性が高く、脳細胞が壊死してしまう前に迅速な対応が必要となります。 そのため、救急外来と連携を図り、迅速な受入体制を整えています。また早期のリハビリテーションを行いながら後遺症の緩和も図っています。
▲トップへ戻る
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等 178 1.1 1.61 0.0% 57.83
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用) 等 115 1.31 3.84 0.0% 72.44
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 等 60 1.22 6.25 0.0% 73.45
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 57 1.14 8.12 0.0% 68.12
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 53 1.04 7.55 1.89 70.83
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 以下に「急性期病棟のみの平均術後日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均術後日数】
1.経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等 : 1.61日
2.膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用) 等 : 3.84日
3.経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 等 : 6.25日
4.腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) : 8.12日
5.経尿道的尿管ステント留置術 : 7.09日
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 71 1.42 4.55 0.0% 60.76
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 等 70 1.07 1.97 0.0% 71.29
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 39 1.13 1.9 0.0% 65.05
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 等 35 0.77 2.57 0.0% 32.2
K6113 抗癌剤動静脈又は腹腔内注入用埋込型カテーテル設置(他) 等 34 0.76 3.5 0.0% 68.32
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 以下に「急性期病棟のみの平均術後日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均術後日数】
1.腹腔鏡下胆嚢摘出術 : 3.92日
2.ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 等 : 1.97日
3.腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) : 1.9日
4.腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 等 : 2.57日
5.抗癌剤動静脈又は腹腔内注入用埋込型カテーテル設置(他) 等 : 3.5日
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 99 4.58 58.85 1.01% 79.82
K0821 人工関節置換術(膝) 等 51 2.49 39.49 0.0% 73.06
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 41 3.05 23.93 0.0% 68.83
K0811 人工骨頭挿入術(股) 39 6.18 52.9 10.26% 80.18
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 33 1.15 2.42 0.0% 59.7
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 以下に「急性期病棟のみの平均術後日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均術後日数】
1.骨折観血的手術(大腿) 等 : 15.61日
2.人工関節置換術(膝) 等 : 16.63日
3.骨折観血的手術(前腕) 等 : 8.02日
4.人工骨頭挿入術(股) 等 : 16.92日
5.骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 : 2.03日
骨折観血的手術(前腕) 等の転院率が高いのは紹介を頂き、元の医療機関へ転院した患者さんが多い為です。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 96 2.4 3.81 0.0% 72.22
K688 (ERBD)内視鏡的胆道ステント留置術 68 1.31 10.43 1.47% 73.12
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除術(直径2㎝未満) 等 68 1.47 1.99 0.0% 70.63
K6532 胃早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 64 1.36 7.94 0.0% 72.42
K616 四肢血管拡張術 等 44 2.23 12.86 0.0% 74.59
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 以下に「急性期病棟のみの平均術後日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均術後日数】
1.経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 : 3.70日
2.(ERBD)内視鏡的胆道ステント留置術 : 0.74日
3.内視鏡的結腸ポリープ切除術(直径2㎝未満) 等 : 0.41日
4.胃早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 : 0.45日
5.四肢血管拡張術 等 : 7.43日
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 346 0 1.01 0.0% 74.37
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 以下に「急性期病棟のみの平均術後日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均術後日数】
1.水晶体再建術眼内レンズを挿入する場合その他のもの 等 : 1.0日
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 1.61 12.32 0.0% 80.13
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭・脳内) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 等 - - - - -
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 以下に「急性期病棟のみの平均術後日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均術後日数】
1.慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 : 11.65日
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 24 1.25 5.04 0.0% 59.71
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 等 10 1.2 5.1 0.0% 60.5
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 等 - - - - -
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) - - - - -
★当院は急性期病棟・地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟・療養病棟と複数の機能をもった病院です。
 以下に「急性期病棟のみの平均術後日数」を掲載いたします。

【急性期病棟のみの平均術後日数】
1.鼓室形成手術 : 5.04日
2.内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 等 : 5.1日
▲トップへ戻る
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 18 0.26%
異なる 31 0.45%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.32%
異なる - -
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、 播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、 入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発生率を示したものです。
「手術・処置等の合併症」の主な患者さんは、透析を行う為に必要なシャントが血栓などで閉塞した方です。
▲トップへ戻る
更新履歴
2018/09/30
平成29年度公開