病院の取り組み

がん診療指定病院

がんに対して適切な治療を

がん診療指定病院

がん診療指定病院とは、全国どこでも、格差のない「質の高いがん医療」を提供することができるよう、地域の実情に応じて、国が指定するがん診療連携拠点病院の機能を代替し、県民に高度ながん医療を提供する病院として県が指定する病院です。次に挙げるさまざまな要件を満たした病院から、県知事が指定します。

がん診療指定病院の要件

埼玉県がん診療指定病院の指定要件として、次のような体制整備が求められています。

  1. わが国に多いがん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)、その他各病院が専門とするがんについて、手術・放射線療法・化学療法を効果的に組み合わせた治療体制を有すること
  2. わが国に多いがんの治療について、クリティカルパスを整備すること
  3. がん患者に適切な医療を提供できるよう、キャンサーボード(各専門医が意見交換・共有・検討・確認などするためのカンファレンス)を定期的に開催すること
  4. がん患者が入院し、化学療法を提供する体制を確保すること
  5. 医師・看護師などで構成される緩和ケアチームを整備し、適切な緩和ケアを提供すること
  6. 地域の医療機関から紹介されたがん患者の受け入れを行うこと。また、がん患者の状態に応じ、地域の医療機関への紹介を行うこと
  7. 病理診断・画像診断に関する依頼、手術、放射線療法、化学療法に関する相談など、地域の医療機関との連携協力体制を整備すること
  8. わが国に多いがんの治療について、がん診療連携拠点病院が取り組む地域連携クリティカルパスの整備に協力すること
  9. わが国に多いがんの治療について、セカンドオピニオンを提示する体制を有すること

このほか、専門的な知識・技能を有する医師その他のスタッフの配置、施設設備、研修の実施や情報の収集提供体制などが定められています。

行田総合病院のがん診療体制

当院は埼玉県北部のがん診療指定病院として、地域の医療機関から紹介されたがん患者の受け入れを積極的に行っています。
外来診療や病理診断・画像診断などの依頼を含めると、年間3,000例を超える多数の患者さんの診療を行っています。疑い症例を省いた入院治療だけに限っても、年間300例を超える患者さんの診療を行っています。
入院治療の症例は、わが国に多いがん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)はもちろんのこと、食道・すい臓・胆のうなど消化器系がんなどが多くなっています。また、腎臓・尿管・前立腺など泌尿器系がんも、県内トップレベルの治療実績を有しています。