診療科のご案内

診療案内

以下のような症状の方は、お気軽にご相談ください。

・尿の勢いが悪い
・尿が近い
・尿に血が混じった
・排尿時に痛みや残尿感がある
・検診で尿潜血を指摘された
・検診でPSAが高いと言われた
・検診で腎に異常を言われた
・尿を漏らすことがある
・男性不妊の疑いがあるといわれた
・背部や横腹に痛みがある
・陰のうや局部に腫れ、しこりがある

■外来診察室

新南棟1F

■病棟

南棟2F

■診療受付時間 ※担当医師・診療時間は都合より変更になります。ご了承ください。

[午前]8:30~12:30
[午後]14:30~17:30

■休診のお知らせ

休診のお知らせはありません。

行田総合病院 新南棟

診察室
午前 6診 高島 森本 高島 金子
午前 7診 坪井 金子 澤田 坪井
午後 6診 澤田 森本 朝倉
第2・4週 女性排尿機能外来
受付~16:00
高島 澤田
午後 6診 金子
午後 7診 坪井 森本

Produced by映像による医療活性化プロジェクト


Produced by医療活性化プロジェクト

Produced by医療活性化プロジェクト

概要

副院長・病院管理者・泌尿器科部長 林 暁

2020年は常勤医師7名、非常勤医師1名で診療業務を行いました。

外来数については、新型コロナウイルス感染症の影響で4月から6月頃までは減少傾向でしたが、7月頃からは順調に増加し、紹介患者数も増え、12月現在では月1,800名と以前にも増して増加傾向にあります。

2017年5月に導入したロボット支援手術については、前立腺がんだけでなく、腎がん部分切除術、膀胱全摘術も行い、約3年で300例に到達いたしました。プロクター認定医指導の下、全員の技術レベルが向上し手術時間も短縮され輸血必要症例も生じませんでした。術後の回復も極めて良好で、改めてロボット支援手術のすばらしさを実感しております。泌尿器科では他科に先駆け内視鏡手術(前立腺肥大症手術など)が行われ、ロボット支援手術についてもいち早く導入されました。現在、欧米を中心に前立腺全摘術では開腹手術はほぼ行われておりません。日本国内においても約300以上の医療機関にロボット支援手術が導入されており、前立腺全摘術はロボット支援手術が標準治療になりつつあります。腎がん部分切除術、膀胱全摘術についても血管処置の正確性など3次元アプローチの利点が生かされ、従来の内視鏡手術に比べより安全で根治性の高い治療ができるものと確信しています。

今後の人口動態を考慮すると5〜10年後には泌尿器科疾患の大幅な増加が予想されます。当科では侵襲の大きい開腹手術はほぼなくなりましたが、今後合併症の多い高齢者に対処するにあたり、他科との連携の強化はもちろん、内視鏡検査、内視鏡手術の精度をさらに高める必要性を感じています。そしてより一層低侵襲治療の技術レベル向上に努めたいと考えています。

副院長・病院管理者・泌尿器科部長 林 暁

診療実績・症例

入院患者数(2020年)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
入院患者数 101 91 109 84 89 95 109 107 86 106 94 76 1,147
在院患者数 593 647 689 619 504 558 633 825 633 628 646 660 7,635

主な診断群分類別患者数・平均在院日数(2020年)

MDC6   1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 統計 平均在院日数
11012x 上部尿路疾患 21 16 18 18 25 25 36 27 27 26 16 23 278 4.6
110080 前立腺の悪性腫瘍 16 25 16 24 13 8 24 23 20 27 24 23 243 5.9
110070 膀胱腫瘍 12 24 12 20 15 15 8 12 9 13 6 18 164 10.3
110310 腎臓又は尿路の感染症 12 16 13 4 7 8 16 9 16 14 12 18 145 11.3
110200 前立腺肥大症等 4 6 10 7 4 3 8 2 3 3 4 2 56 8.8
11013x 下部尿路疾患 2 3 5 2 6 5 6 5 1 2 4 6 47 6.7
11022x 男性生殖器疾患 4 4 5 3 5 6 1 5 2 5 3 3 46 5.9
110420 水腎症等 4 6 6 3 7 4 2 5 2 0 5 0 44 4.6
110060 腎盂・尿管の悪性腫瘍 1 2 4 2 3 0 1 4 2 2 1 2 24 9.5
11001x 腎腫瘍 1 3 0 1 3 5 1 1 0 3 2 1 21 10.1
110320 腎、泌尿器の疾患(その他) 0 1 2 0 1 1 1 3 0 2 0 1 12 7.8
110100 精巣腫瘍 0 0 2 0 0 2 0 2 0 1 2 2 11 7.9
110280 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 0 1 0 0 0 0 1 2 3 2 1 1 11 13.2

手術件数(2020年)

術式 件数
経尿道的尿路結石除去術 185
経尿道的尿管ステント抜去術 136
膀胱悪性腫瘍手術 109
腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(ダ・ヴィンチ) 84
経尿道的尿管ステント留置術 69
経尿道的前立腺核出術 37
膀胱結石、異物摘出術 26
経皮的腎(腎盂)瘻造設術 23
経尿道的前立腺手術 15
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 15
包茎手術 13
経尿道的電気凝固術 13
陰嚢水腫手術 11
精巣摘出術 10
腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(ダ・ヴィンチ) 10
尿道狭窄内視鏡手術 9
術式 件数
経尿道的尿管狭窄拡張術 9
経皮的尿管拡張術 8
精巣悪性腫瘍手術 6
膀胱瘻造設術 5
腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術(ダ・ヴィンチ) 5
経皮的尿路結石除去術 3
膀胱内凝血除去術 3
経皮的腎嚢胞穿刺術 2
腎(尿管)悪性腫瘍手術 2
回腸(結腸)導管造設術 2
ボアリー氏手術 1
精巣上体摘出術 1
前立腺被膜下摘出術 1
腹腔鏡下腎盂形成手術 1
尿管切石術 1
術式 件数
腹腔鏡下副腎摘出術 1
膀胱皮膚瘻造設術 1
腎摘出術 1
尿道結石、異物摘出術 1
精索捻転手術 1
経皮的腎盂腫瘍切除術 1
膀胱腫瘍摘出術 1
副腎腫瘍摘出術 1
尿道狭窄拡張術 1
尿管膀胱吻合術 1
陰茎折症手術 1
腹腔鏡下腎嚢胞切除術 1
陰茎悪性腫瘍手術 1
抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 1
総計 829

スタッフ紹介

  • 林 暁
    副院長・病院管理者・泌尿器科部長

    林 暁
    (はやしさとる)

    ●卒年・卒大
    昭和58年 秋田大学卒

    ●ライセンス
    日本泌尿器科学会指導医・専門医
    日本ロボット外科学会Da Vinci Certificate

  • 高島 博
    泌尿器科副部長

    高島 博
    (たかしまひろし)

    ●卒年・卒大
    平成9年 金沢大学卒

    ●ライセンス
    日本泌尿器科学会指導医・専門医
    日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
    日本ロボット外科学会Da Vinci Certificate
    泌尿器科ロボット支援手術プロクター認定医(手術指導医)
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医

  • 森本裕彦
    泌尿器科副部長

    森本裕彦
    (もりもとひろひこ)

    ●卒年・卒大
    平成14年 琉球大学卒

    ●ライセンス
    日本泌尿器科学会指導医・専門医
    日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
    日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器科領域)
    日本内分泌学会内分泌代謝科(泌尿器科)専門医
    日本ロボット外科学会Da Vinci Certificate

  • 澤田陽平
    泌尿器科副部長

    澤田陽平
    (さわだようへい)

    ●卒年・卒大
    平成18年 東京医科大学卒

    ●ライセンス
    日本泌尿器科学会指導医・専門医
    日本ロボット外科学会Da Vinci Certificate
    泌尿器科ロボット支援手術プロクター認定医(手術指導医)

  • 坪井俊樹
    泌尿器科医長

    坪井俊樹
    (つぼいとしき)

    ●卒年・卒大
    平成13年 北里大学卒

    ●ライセンス
    日本泌尿器科学会指導医・専門医
    日本麻酔科学会認定医・標榜医
    日本ロボット外科学会Da Vinci Certificate

  • 金子裕生
    泌尿器科

    金子裕生
    (かねこゆうき)

    ●卒年・卒大
    平成26年 群馬大学卒

    ●ライセンス
    日本泌尿器科学会専門医
    日本ロボット外科学会Da Vinci Certificate

  • 朝倉博孝
    非常勤

    朝倉博孝
    (あさくらひろたか)

    ●卒年・卒大
    昭和58年 慶應義塾大学卒

    ●ライセンス
    日本泌尿器科学会指導医・専門医
    日本排尿機能学会評議員

    ●経歴・備考
    埼玉医科大学病院泌尿器科 教授・診療部長

  • 高橋崇志
    専攻医

    高橋崇志
    (たかはしたかゆき)

    ●卒年・卒大
    平成29年 埼玉医科大学卒