診療科のご案内

診療案内

以下のような症状の方は、お気軽にご相談ください。

・食物を飲み込む時に“しみる”感じがある。
・食道の狭窄感、嚥下困難、胸部の違和感がある。
・声がかすれる。
・食後や夜間に突発的に右季肋部(肋骨の下辺り)痛、心窩部痛(みぞおち)が起きる。
・黄疸や褐色尿、皮膚の痒みがある。
・急に糖尿病が発症または悪化した。
・鼠径部の盛り上がりや脹らみがある。
・繰り返し起こる腹部の痛み、嘔吐がある。
・腹部膨満感があり、排ガス・排便がなされない。
・肛門の痛みや出血がある。

■外来診察室

東棟1F

■病棟

南棟3F

■診療受付時間 ※医師により異なります

[午前]9:00~12:00
[午後]14:30~16:30

■休診のお知らせ

休診のお知らせはありません。

行田総合病院 東館

診察室
午前 1診 鎗田 川原林 福元 濱田 川原林 鎗田
午前 2診 福元
腫瘍内科外来
松平 久田
午後 1診 鎗田
緩和ケア外来
川原林
紹介外来
14:00~17:00

概要

外科部長 川原林伸昭

地域がん診療指定病院の外科として、消化器内科、病理診断科、麻酔科、放射線科などと連携をして、胃癌、大腸癌、膵臓癌、肝臓癌、胆道癌などの消化器がんに対し、専門性の高い手術療法や化学療法を行っています。加えて鼠径ヘルニア、胆石症、痔などの一般外科診療も広く行っています。急性胆嚢炎、急性虫垂炎、腸閉塞、上部・下部消化管穿孔などの腹部救急疾患にも、24時間対応しています。

がん診療においても、腹部救急診療においても、「命をあきらめない」をモットーに、スタッフ一同、全力を尽くしております。地域の病院・診療所からご紹介をいただいています。また、創が小さく術後の疼痛も少ない「体に優しい手術」を提供できるように、胆嚢だけではなく、胃がん・大腸がん・肝がん・虫垂炎・鼠径ヘルニアなどにも腹腔鏡手術を実施しています。

2014年より、月曜日から土曜日まで外科外来を開設し、2015年には、紹介患者さんに時間をかけて診察できるよう、紹介外来も新設しました。2016年からは外来化学療法室が整備され、抗がん剤治療の専門スタッフが配置されました。

そして本年7月には、がん薬物治療専門医である福元医長による腫瘍内科外来を開設しています。

2017年には、最新の近赤外線画像も表示できる4K腹腔鏡システムを導入し、さらに高画質、しかも臓器の血流を確認できる最高機種を導入しました。臓器の血流を確認できるようになると、血流低下に伴う縫合不全(腸と腸の繋ぎ合わせたところから腸液がもれること)を予防することができます。より安全に手術ができる環境を整備しております。

2018年5月より、消化器外科領域にもロボット支援手術が保険収載となりました。当院では、すでに泌尿器科において、ダ・ヴィンチを用いたロボット支援手術が導入されており、精密な手術操作により、手術時間の短縮や出血量の低下といったメリットを十分に理解できていました。東京医科歯科大学医学部附属病院大腸・肛門外科科長 絹笠教授にご協力いただき、2019年6月から直腸がんに対するロボット支援手術をスタートしました。

各種学会の修練認定施設として若手外科医の育成にも力を入れ、地域の研究会なども積極的に行い、この地域の中核病院としての責務を果たしていく所存です。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

診療実績・症例

入院患者数(2018年)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
入院患者数 87 65 59 78 72 63 85 80 79 87 90 86 931
在院患者数 842 617 520 597 532 682 642 724 644 787 711 691 7,989

主な診断群分類別患者数・平均在院日数(2018年)

MDC6   1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 統計 平均在院日数
060160 鼠径ヘルニア 12 9 8 14 10 15 9 6 6 7 14 12 122 4.3
060150 虫垂炎 8 4 7 5 6 5 9 11 16 9 3 11 94 6.2
060020 胃の悪性腫瘍 3 10 6 7 9 6 8 7 2 12 7 11 88 11.0
060210 ヘルニアの記載のない腸閉塞 6 4 4 8 5 6 8 7 10 6 9 14 87 11.6
060035 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 7 8 5 7 7 11 5 10 2 7 10 5 84 12.6
060040 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 6 1 0 3 7 3 5 4 7 4 5 12 57 12.2
060330 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 8 1 4 3 2 1 4 5 3 5 6 6 48 5.7
060335 胆嚢水腫、胆嚢炎等 3 5 3 3 1 3 6 7 5 5 2 5 48 8.0
060340 胆管(肝内外)結石、胆管炎 1 3 2 5 4 3 3 3 3 4 3 2 36 11.6
06007x 膵臓、脾臓の腫瘍 4 5 4 0 0 1 0 2 4 1 3 5 29 11.3
060370 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く) 3 2 2 1 0 2 1 1 2 4 0 4 22 15.8
060102 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 1 2 1 1 3 0 0 3 2 3 1 4 21 10.4
060050 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 2 4 0 0 3 0 1 0 4 3 2 0 19 11.8
060060 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 3 1 2 1 1 0 1 0 2 2 3 3 19 11.4
080010 膿皮症 0 0 0 0 0 2 2 4 2 1 0 1 12 8.0

手術件数(2018年)

術式 件数
乳腺悪性腫瘍手術 1
食道裂孔ヘルニア手術 2
抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 53
中心静脈注射用植込型カテーテル設置 3
静脈血栓摘出術 1
リンパ節摘出術 2
ヘルニア手術 79
腹腔鏡下ヘルニア手術 7
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 48
腹腔鏡下試験開腹術 5
急性汎発性腹膜炎手術 5
胃縫合術 1
腹腔鏡下胃、十二指腸潰瘍穿孔縫合術 1
胃局所切除術 1
術式 件数
腹腔鏡下胃局所切除術 6
胃切除術 3
腹腔鏡下胃切除術 5
胃全摘術 5
腹腔鏡下胃全摘術 2
胆嚢摘出術 3
腹腔鏡下胆嚢摘出術 86
胆嚢悪性腫瘍手術 1
肝切除術 7
膵体尾部腫瘍切除術 2
腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術 1
膵頭部腫瘍切除術 5
腸管癒着症手術 4
腹腔鏡下腸管癒着剥離術 4
術式 件数
小腸切除術 8
虫垂切除術 3
腹腔鏡下虫垂切除術 52
結腸切除術 13
腹腔鏡下結腸切除術 10
腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 27
人工肛門造設術 8
腹腔鏡下人工肛門造設術 1
人工肛門閉鎖術 6
腸切除・切断術 2
腹腔鏡下直腸切除・切断術 22
毛巣嚢、毛巣瘻、毛巣洞手術 2
その他 12
総計 509

スタッフ紹介

  • 川原林伸昭
    外科部長

    川原林伸昭
    (かわらばやしのぶあき)

    ●卒年・卒大
    平成5年 防衛医科大学校卒

    ●ライセンス
    日本外科学会指導医・専門医
    日本消化器外科学会指導医・専門医
    日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    日本内視鏡外科学会技術認定医
    日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
    日本癌治療認定機構暫定教育医
    マンモグラフィ読影認定医

  • 久田将之
    外科副部長

    久田将之
    (ひさだまさゆき)

    ●卒年・卒大
    平成9年 東京医科大学卒

    ●ライセンス
    日本外科学会指導医・専門医
    日本消化器外科学会指導医・専門医
    日本大腸肛門病学会指導医・専門医
    日本ロボット外科学会Da Vinci certificate
    日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    膀胱または直腸機能障害の診断指定医

  • 福元 剛
    外科医長

    福元 剛
    (ふくもとつよし)

    ●卒年・卒大
    平成17年 山形大学卒

    ●ライセンス
    日本外科学会専門医
    日本消化器外科学会専門医
    日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
    日本がん治療認定機構がん治療認定医
    日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

  • 濱田浄司
    救急総合診療/外科

    濱田浄司
    (はまだじょうじ)

    ●卒年・卒大
    平成16年 富山大学卒

    ●ライセンス
    日本救急医学会専門医
    日本外科学会専門医

  • 鎗田哲暢
    外科

    鎗田哲暢
    (やりたあきなが)

    ●卒年・卒大
    平成18年 名古屋大学卒

    ●ライセンス
    日本外科学会専門医

  • 松平慎一
    外科

    松平慎一
    (まつだいらしんいち)

    ●卒年・卒大
    平成21年 順天堂大学卒

    ●ライセンス
    日本外科学会専門医
    日本消化器外科学会専門医
    日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
    日本消化器病学会専門医