診療科のご案内

地域医療連携室

概要

・地域の医療機関や介護施設からの受診相談や受診予約
・地域の医療機関や介護施設への診療体制や実績の情報提供
・医療従事者向け講演会・カンファレンスの企画・開催
・地域住民向け市民講座の企画・開催
・近隣消防本部への救急医療に関する情報提供
・救急隊向け勉強会の企画・開催
これらの業務を行いながら、地域医療支援病院としての役割を担えるように日々の活動を行っています。

2021年総括

 新型コロナウィルスが猛威を振るった一年となりました。先が見えない状況が続く中、地域医療連携室としても今までにない忙しい年となりました。地域の医療機関からの紹介は発熱患者対応が増え、行政からの発熱患者の対応もするため、感染に気をつけながらの業務となりました。しかし、このような状況下でも地域の医療機関とのコミュニケーションや情報発信などスタッフ一丸となり邁進してまいりました。どんなに忙しくても紹介患者さんの問合わせは可能な限りお受けし、お待たせしないということを念頭に行動してまいりました。しかし、まだまだ至らない点が見受けられたのも事実です。今後の課題として努力していきます。

 救急医療も一層激化をたどる一方でした。地域の救急隊の皆様には大変感謝をしています。当院がどのように患者さんを受入れているかなどを理解、協力して搬送していただきました。

 また、9月には新しく救急棟が完成し、様々な機能強化が図られました。広くなった救急センターや画像診断装置の充実、ICU・HCUや手術室の機能強化など様々な急性期患者さんへの対応が可能となりました。特に循環器内科の24時間対応や脳神経外科の24時間対応など、一刻を争う病気の患者さんには可能な限り対応してまいりました。さらに泌尿器科、呼吸器科、消化器内科、消化器外科、整形外科など、たくさんのご紹介・問合わせがあり大変充実した一年となりました。

 今後も地域医療機関の先生方や、地域の皆様に有益な情報を発信して行き、すべての診療科をご活用していただけるよう努力してまいります。

2022年の目標

 2021年の活動をふまえて下記を目標として活動してまいります。

 ・地域の医療機関や介護施設からの相談や予約受入れ体制の改善

 ・地域の医療機関や介護施設への情報提供の質の向上

 ・救急隊への情報提供の質の向上

 今後も地域の皆様からのご希望に対して、迅速かつ正確に誠意をもって最大限に応えることを常に心に留め、日々研鑽し、地域医療のお役に立てるように努めてまいります。

庶務課課長・地域医療連携室課長 白石雄一