診療科のご案内

リハビリテーションセンター

概要

リハビリテーションは、医師の指示のもと病気やけがなどによって障害が生じた患者さまの機能を回復し、家庭復帰・社会復帰が可能な限り早期にできるようお手伝いする事が主な仕事です。また、機能の回復が難しい場合には残った身体機能を活かし、自立した生活が営めるようリハビリテーションを行います。
理学療法では、運動療法や物理療法を用いて“立ち上がる”“歩く”といった生活の基本となる動作をできる限り可能にすることを目標としています。
作業療法は、日常生活動作の練習や家事などの応用的な動作、復職に向けたリハビリテーションを行います。また、作業活動を通じて能力の回復や社会的な適応力の回復を図ります。
言語聴覚療法では、コミュニケーションに障害が生じた方への練習や指導、嚥下能力の回復を図ります。
これら3つの療法で患者さまとともに退院へ向けてのリハビリテーションを行います。

2019年総括

1日平均単位数は、一般病棟2.8単位(約60分)、地域包括2.8単位(約60分)、療養2.3単位(約40分)、回リハ7.5単位(約140分)でした。今年度の大きなトピックとしては回復期リハビリテーション病棟が増えたことになります。今までの56床のほかに33床増えたことで、近隣の回復期の中では最大の病床数を誇ります。これに伴い回復期リハビリテーションチームの再編を行いました。一昨年より始めた電車やバスの乗車練習なども件数も増やし、自転車などの乗り物練習でご自宅から病院への通院練習や近隣への移動手段、買い物手段としての獲得ができるような取り組みが定着してきました。今後さらに量と質の強化に努めていきたいと考えています。

院外での活動としては、埼玉県地域リハビリテーション推進体制の地域リハビリテーションケアサポートセンターとして利根医療圏7市2町の市職員・地域包括支援センターからの依頼に対して27医療機関の療法士と協力して利根医療圏での介護予防事業や地域ケア会議への派遣調整等を行いました。行田市で6月に行われた『健康フォーラム』にも行田リハビリ連絡会として当院のスタッフも参加し、運動の必要と転倒を防止するロコモ体操の普及啓発を行いました。他にも公開講座やケアマネージャー向けの勉強会など、地域で行われるイベントへセラピストを派遣し、勉強会を実施するなど、地域での活動にも力を入れてきました。

 

今後の展望

様々な患者さんに対応するため、疾患別、病期別にチーム制をとっています。今後も病棟との連携を強化し、早期に退院し、患者さんの望まれる生活が獲得できるように努力していきます。新人教育にも力を注ぎ、新人のうちは様々な疾患・病期に対応できるようにローテーション教育を行い、総合的(ジェネラリスト)なセラピストの育成を目指します。また、入院から退院、在宅での生活にまで関われるように、訪問リハの充足に努めていきます。さらに地域包括ケア推進のために地域の介護予防事業にも参画できる幅広い視野を持てるセラピストの育成にも取り組んでいきます。

リハビリテーション科 副室長 寒河江涼太

リハビリテーション科News(FACEBOOK)はこちら。

リハビリテーション科Twitterはこちら。

診療実績・症例

リハビリテーション延べ実施件数(2019年)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管等 3,563 2,772 3,100 3,058 3,608 3,298 3,973 3,768 3,773 3,717 4,118 4,006 42,754
廃用症候群 1,951 1,635 1,710 1,547 1,497 1,457 1,832 2,208 2,147 2,188 2,251 2,377 22,800
運動器 4,141 4,557 4,685 4,215 4,883 4,945 4,842 4,792 4,215 4,430 4,112 4,666 54,483
呼吸器 1,281 1,330 1,403 1,060 1,145 1,188 1,380 1,314 1,250 1,454 1,503 1,382 15,690
手技 452 395 508 364 407 436 526 680 657 573 406 335 5,739
摂食嚥下 421 358 280 285 408 493 485 412 451 429 464 451 4,937
11,809 11,047 11,686 10,529 11,948 11,817 13,038 13,174 12,493 12,791 12,854 13,217 146,403

理学療法(PT)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管等 2,105 1,597 1,757 1,582 1,979 1,914 2,274 2,219 2,502 2,394 2,779 2,584 25,686
廃用症候群 1,692 1,293 1,386 1,354 1,343 1,297 1,649 1,961 1,902 1,933 2,009 2,128 19,947
運動器 3,925 4,346 4,406 3,991 4,709 4,900 4,781 4,598 4,082 4,254 3,891 4,502 52,385
呼吸器 1,064 1,117 1,197 904 1,003 1,082 1,236 1,186 1,100 1,334 1,363 1,241 13,827
手技 432 385 491 358 404 435 524 675 634 567 405 334 5,644
9,218 8,738 9,237 8,189 9,438 9,628 10,464 10,639 10,220 10,482 10,447 10,789 117,489

作業療法(OT)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管等 779 557 632 806 892 766 942 875 719 734 688 787 9,177
廃用症候群 92 143 112 42 32 31 17 22 50 12 45 63 661
運動器 216 211 279 224 174 45 61 194 133 176 221 164 2,098
呼吸器 217 213 206 156 142 106 144 128 150 120 140 141 1,863
手技 20 10 17 6 3 1 2 5 23 6 1 1 95
1,324 1,134 1,246 1,234 1,243 949 1,166 1,224 1,075 1,048 1,095 1,156 13,894

言語聴覚(ST)

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管等 679 618 711 670 737 618 757 674 552 589 651 635 7,891
廃用症候群 167 199 212 151 122 129 166 225 195 243 197 186 2,192
摂食嚥下 421 358 280 285 408 493 485 412 451 429 464 451 4,937
1,267 1,175 1,203 1,106 1,267 1,240 1,408 1,311 1,198 1,261 1,312 1,272 15,020

訪問

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
件数 230 218 207 218 221 169 210 203 223 238 238 234 2,609

スタッフ紹介

  • 岡田 崇
    医師

    岡田 崇
    (おかだたかし)

    ●卒年・卒大
    昭和57年 東京大学卒

    ●ライセンス
    日本脳神経外科学会専門医