診療科のご案内

概要

院内の高度医療機器を扱う部門として「ME課」があり、臨床工学技士が透析センターと院内医療機器管理の業務を兼任しています。特に循環器疾患や呼吸器疾患では、医療機器の使用頻度も多く、夜間の当直体制をとって対応を強化しています。

ME課の任務は、以下のようなものがあります。

 ・医療機器安全管理業務(人工呼吸器・補助循環装置など生命維持代行装置の操作と保守、安全な装置運用のため

  の講習の実施、その他)

 ・心臓カテーテル治療・心内アブレーション治療・心臓ペースメーカー業務

 ・侵襲的治療装置の操作と保守(高気圧酸素治療業務・RFA装置など)

 ・在宅で稼働する医療機器への介入(睡眠呼吸障害に用いるCPAP/ASV装置・在宅酸素療法に用いる装置など)

 ・一部の手術室業務(手術用ロボットの保守管理など)

 

2020年に注力した点として

<不整脈に対するカテーテルアブレーション治療の開始>

心臓は電気の命令で動きますが、それは刺激伝導系と呼ばれる電線のようなものにより伝わります。ここに「断線」が生じると脈が途切れる病態となり、「漏電」が生じると脈が異常に速まる病態となります。前者の場合すでに心臓ペースメーカーやその周辺機器を用い当課として支援する体制がありましたが、2019年7月より脈が速まる病態に対しても治療する体制が新たに整い、チームの一員として任務にあたっています。我々が操作介入する医療機器は主に①心臓を電気で刺激し不整脈を誘発する装置と、②心臓の内部情報を3次元的に空間構築し、漏電の起きている伝導部を特定し熱で焼き切る装置です。どちらの任務も熟練の技術と専門的知識を求められるため、循環器業務に精通した課員を配置し対応しております。稼働して1年が経過し、多岐にわたる不整脈治療に関わることができ、地域の方々のお役に立てたと実感しております。

 

<感染症の流行に対する医療機器運用上の支援>

医療機器は院内の隅々で絶え間なく稼働し、患者さんが重症であるほどその役割は重く、取扱いは複雑になります。それら医療機器の運用上の後方支援も、我々の任務です。年が明け、一変して医療機器の運用体制の見直しから始まった一年であったと振り返っております。特に、人工呼吸器をはじめとした生命維持管理装置が安全で効果的に運用されるよう、感染症に対応した決め事や消耗品構成とし、装置管理の立場から支援させていただきました。

 

高度医療機器を用いた医療の提供を通し、一人でも多くの患者さんの命を救えるよう努力していく所存です。

 

透析センター・ME課課長 大谷哲也

診療実績・症例

高気圧酸素治療件数推移(2013年~2020年)

 脳神経外科領域その他(消化器・整形外科疾患など)
2013年1996
2014年094
2015年54116
2016年96117
2017年69155
2018年109166
2019年257221
2020年235122

睡眠呼吸障害 外来患者数の推移(2011年~2020年)

 患者数
2011年117
2012年179
2013年233
2014年341
2015年402
2016年429
2017年464
2018年497
2019年509
2020年491

※いずれも年末時点での登録数