診療科のご案内

概要

薬剤課は、現在、常勤薬剤師19名、非常勤薬剤師1名、調剤補助者2名の合計22名が配属されています。1日の処方箋枚数は約130枚、注射指示の件数は約800件であり、これらを当日出勤の製剤室薬剤師5名が対応します。この製剤室では、薬剤師をサポートする特色あるシステムが導入され、薬剤師が臨床業務に注力できるよう取り組んでいます。医薬品SPD(Supply Processing and Distribution = SPD)は2009年に導入されたシステムで、院内全ての在庫管理業務が専門のスタッフへ業務委託されています。また、計数調剤に対するバーコード認証システムや、一包化錠剤監査支援システム(MDM)が導入され、薬剤師であれば誰でも経験する調剤ミスへの対策も強化されています。

一方で、病棟業務を担う病棟薬剤師は7名。1病棟につき1名の薬剤師が、そのほとんどを病棟で過ごすフルタイム常駐を敷いています。また、病棟の専任担当は2カ月ごとのローテーション制をとり、複数の診療科を経験する体制としています。これはジェネラリストとしてのスキルを磨くことが目的です。

専門性についても拡充を図っています。がん薬物療法認定薬剤師、外来がん治療認定薬剤師、感染制御認定薬剤師、NST専門療法士などの資格取得者が配置され、各認定薬剤師は薬剤師をはじめ様々な医療スタッフをサポートしています。

 
 

2019年総括

前年の年鑑で紹介し2018年から取り組みを強化していた業務があります。抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の活動です。ASTは薬剤耐性菌(AMR:Antimicrobial Resistance)対策のひとつとして注目され、「抗菌薬適正使用支援加算」という形で診療報酬にも評価されています。当院では昨年の2018年に専任薬剤師を配置し、血液培養陽性患者に対する支援など、薬剤師が中心となって活動してきました。そして本年(2019年)、更なる業務の充実を図り、専任から専従薬剤師となるよう業務時間を拡大、同年7月から「抗菌薬適正使用支援加算」の算定に至りました。当院のAST薬剤師は、処方医とのディスカッション、患者病室へのラウンド、担当看護師や病棟薬剤師との意見交換、ICD(Infection Control Doctor)との相談など、様々なアプローチを駆使して抗菌薬療法の最適化に努めています。

一方で、2019年は外来診療における保険薬局との連携にも取り組みました。いわゆる薬薬連携です。「服薬情報等提供料20点」をご存知でしょうか。これは、保険薬局の薬剤師が病院の処方医に対して、患者の服薬状況などの情報を提供した場合に算定できる診療報酬です。情報提供に際して使用される情報提供用紙はトレーシングレポートと呼ばれ、近年、その活用による効果が各種学会で報告されています。当院おいては、院外処方箋に表記される検査値を活用したトレーシングレポートをはじめ、副作用報告や減薬調整依頼など、トレーシングレポートを病院薬剤師が窓口となって受け取る運用を開始しました。情報提供を受けた病院薬剤師は、電子カルテを確認し、必要に応じて保険薬局薬剤師と情報交換、より精度の高い情報を主治医へ提供します。保険薬局薬剤師は、外来薬物療法におけるキーパーソンであることは間違いありません。薬剤師同士が連携し、より質の高い医療を提供できるよう今後も連携を強化していくつもりです。

 

今後の展望

年々、病院薬剤師が求められる場面が増え、また、必要とされるスキルレベルも高くなってきています。当院においてもその流れは例外ではなく、病床稼働率の増加や救急受け入れ体制の整備、地域包括ケア病棟の拡充など、薬剤師が活躍できる場は拡大する一方です。必要とされる場所に必要な人員を配置するため、2020年は人材の確保とともに、薬剤師のスキルアップを図っていきたいと思っています。

 

薬剤課課長 堀越慶一

診療実績・症例

図表1

 臨床薬剤室(7病棟7名体制)製剤室(薬剤師11名・補助2名)
8:00
9:004南病棟3南病棟3新南病棟2南病棟2新南病棟2西病棟2東病棟ケモMix注射向精神薬管理内服内服調剤補助DI
10:00
11:00注射
12:00休憩休憩
13:00休憩休憩休憩休憩休憩休憩休憩休憩休憩休憩内服薬局事務休憩
14:004南病棟3南病棟3新南病棟2南病棟2新南病棟2西病棟2東病棟麻薬管理注射休憩内服DI
15:00注射
16:00TPN
Mix
調剤補助
17:00
18:00

認定資格一覧

認定資格取得年
がん薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)2017
外来がん治療認定薬剤師(日本臨床腫瘍薬学会)2016
外来がん治療認定薬剤師(日本臨床腫瘍薬学会)2017
感染制御認定薬剤師(日本病院薬剤師会)2015
NST専門療法士(日本静脈経腸栄養学会)2012
認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)2014
NST専門療法士(日本静脈経腸栄養学会)2012
リウマチ財団登録薬剤師(日本リウマチ財団)2014
認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)2012

薬剤課統計指標

 単位1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
処方せん(入院処方) 枚数枚/月3,4943,3293,6803,5433,6953,6843,5683,9303,7264,0033,9614,01044,623
処方せん(外来院内処方) 枚数枚/月2892061751952172012382861972071762482,635
注射せん 枚数枚/月7,8286,6486,7636,7286,9646,3747,3687,5216,8217,4178,1557,99186,578
注射せん Rp)数件/月28,91024,87225,56124,33823,03121,23925,11625,61422,79423,70123,68424,597293,457
注射せん(化学療法) 枚数枚/月8684115869087798662604649930
無菌製剤処理 件数件/月8078102748376707355563839824
薬剤管理指導料 算定件数件/月1,5911,3911,3981,3631,5151,3771,5151,4671,3701,5361,4761,47517,474
疑義照会 件数件/月2542011722072101792002081921761881902,377
処方提案 件数件/月274466683933777559377848651
薬剤総合評価調整加算 算定件件数件/月510517548139361