医療設備のご紹介
DA VINCE ダヴィンチ
DA VINCE ダヴィンチ

ロボット支援手術は
体への負担が少なく、
精密で精度が高い手術です。

ダヴィンチ使用写真

手術はがん治療の基本ですが、患者さんの体に大きな負担をかけることから、できるだけその負担を減らしながら手術制度を高めることが目標となっています。患者さんへの負担を減らす方法として、体を大きく切り開かずに済む腹腔鏡手術や内視鏡手術が開発されましたが、これらは一定の経験と技術を必要とし、通常の開腹手術よりも難易度が高いという課題もあります。
ロボット支援手術のカメラとアームは、数センチ程度の小さい切開部分から体に挿入できるため、出血など患者さんの体への負担が少ない利点があります。
また、ロボット支援手術は体への負担が少なく、精密で精度が高い手術です。

患者さんのメリット

出血量が少ない

術後の回復が早い

術後の尿失禁や
勃起不全を軽減

特 長

  • 体への負担が少ない

    数カ所の小さな切開部から手術を行うため、傷が小さく、出血も抑えられ、手術後の回復が早く、患者さんの負担が軽減されます。

    ダヴィンチでの切開イメージ
  • 3Dハイビジョンシステムの手術画像

    鮮明な3D(3次元)画像

    コンソールモニターには高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像が映し出されます。

  • 精密な動きを再現

    医師がロボットアームに装着されている鉗子やメスを操作します。
    ダヴィンチの鉗子はリスト構造を持ち、人間の手より大きな可動域と手ぶれ補正機能を備えています。

    ダヴィンチのロボットアーム
  • 外科手術での使用実績

    ロボット支援手術の実績

    ダヴィンチは今日までに世界中で約300万件(2016年1月現在)のさまざまな外科手術で使用されてきました。

症状、ダヴィンチで行う手術

  • 泌尿器科

    • 前立腺摘出術
    • 腎部分摘出術
    • 膀胱腫瘍摘出術
  • 消化器外科

    • 直腸切除
    • 切断術

受診の流れ

  • 泌尿器科外来、消化器外科外来への受診

  • 地域の医療機関からの紹介

保険適応について

当院では現在、前立腺摘出術、腎部分摘出術、膀胱腫瘍摘出術、直腸切除・切断術を保険適応で行っています。これらの手術では、先進的な医療であるにも関わらず医療費の負担は従来の手術とあまり変わりません。さらに、高額療養費制度を利用することで負担を少なくすることが可能です。

機器紹介

  • ダヴィンチの使用イメージ
  • ダヴィンチは、低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発されました。
    高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像の下、人間の手の動きを正確に再現する装置です。
    術者は鮮明な画像を見ながら、人の手首よりはるかに大きく曲がって回転する手首を備えた器具(鉗子)を使用し、精緻な手術を行うことができます。
    ロボット支援手術は完全に医師の操作によって実施されます。

ダヴィンチのロボットアーム

ダヴィンチは医師の手の動きを、より細かく精密な動きに変換します。

ダヴィンチはサージョンコンソール、
ペイシェントカート、ビジョンカートの
3つの機器によって構成されています。

  • ダヴィンチの操縦席サージョンコンソール

    ①サージョンコンソール

    「サージョンコンソール」とよばれる操縦席に座り、3D画像を見ながら手元のコントローラーを操作します。

  • アームの付いたペイシェントカート

    ②ペイシェントカート

    「ペイシェントカート」の4本のロボットアームにその動きが伝わります。

  • アームの手元の映像をモニターできるビジョンカート

    ③ビジョンカート

    「ビジョンカート」のモニターに手術中の画像が映し出され、手術スタッフも同じ画像が共有されます。

手術担当医からのメッセージ

泌尿器科医長 澤田陽平の画像

ダヴィンチによる前立腺がん摘出手術の場合、傷は全部で6カ所となりますが、1つ1つの傷は1~2cmととても小さく開腹手術と比べ術後の痛みが少なく回復が早いのが特長です。また通常の腹腔鏡手術のカメラでは2D(平面画像)ですが、ダヴィンチの場合は遠近感を伴う3D(3次元立体画像)であること、さらに10倍の拡大視野を得ることが可能であり、狭い骨盤の中でも鮮明に臓器や周囲構造を把握することができます。そしてロボットの操作アーム(鉗子)は非常に繊細な動きが可能で、術者の動きを忠実に遂行できること、狭い空間での可動域が極めて広いためより確実な手術操作が可能となります。そのため術中出血量は開腹手術と比べ格段に少なく、尿道膀胱吻合といった難易度が高い手技も容易に行うことができます。

さらに、このダヴィンチの特長である3Dでの10倍拡大視野、ロボット操作アームの繊細な鉗子の動きが可能な事により、前立腺がん手術の特有の後遺症である尿失禁から回復が早期に期待できる事が報告されています。がん制御・コントロールする事が一番重要だとは思いますが、術後の排尿状態をより早期に回復させ手術前の日常に近づけるといった機能面にも大きな効果が期待できます。がん制御と機能温存をかなり高いクオリティーで行えるのがダヴィンチです。

ロボット手術の利点について述べてきましたが、手術の大原則は当たり前ですが安全かつ確実に手術を完遂することです。これまで培った知識・技術を総動員し埼玉北部でダヴィンチ手術を円滑に行い、手術を受けた患者さんから行田総合病院で手術を受けて良かったと感じていただけるように取り組んでいきたいと思います。

泌尿器科医長 澤田陽平

実際のダヴィンチ使用写真
泌尿器科医長 澤田陽平の画像

腎がんに対する手術療法は近年、大きく変貌をとげています。
以前は腎がんの大きさにかかわらず腎摘除術が大半を占めていましたが、現在は小さな腎がんでは腎部分切除術を行い、がんに侵されていない正常部分の腎機能をなるべく残すことがすすめられています。理由は、腎摘除術と腎部分切除術との間で腎がんによる死亡率に差がないこと、そして腎機能がなるべく残っていたほうが心血管系合併症をおこしにくいとされているためです。また、がんの手術では根治性を保ちながらも体に対するダメージが少ないことが求められ、開腹手術より腹腔鏡手術のほうが主流となっています。
腎部分切除術も同様で、腹腔鏡手術で行うほうが術後の痛みが軽く、体力の回復や社会復帰が早いと考えられます。ただし、腎部分切除術では、腫瘍を確実に切除し、切除面の修復をするといった細かな手技を短時間で終える必要があり、通常の腹腔鏡手術では難しく、適応が限られます。そういった問題を克服できる術式が、手術支援ロボット『ダ・ヴィンチ』を用いたロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術(2016年4月から保険適応)といえます。腹腔鏡手術を進化させた術式ともいえます。このロボット支援手術というのは、ロボットが勝手に動いて自動的に手術が行われるわけではありません。術者である人間がロボットを正確に動かすことによって手術を行います。この術式では通常の腹腔鏡手術で困難なケースでも比較的容易に、完成度の高い手技を行うことが可能となり合併症も起こりにくいと考えられています。
新しい手術の導入にはソフトおよびハード面での準備が必要です。当院の泌尿器科医は腹腔鏡手術に慣れ親しんでおり、また前立腺がんの手術でロボット支援手術に精通していることから、腎がんのロボット支援手術でも技術的なノウハウを活かせるという強みがありました。ベテランの麻酔科医が常在しており、彼らのサポートが得られ、術前のシミュレーションにおいては手術室スタッフやメディカルエンジニアが積極的に参加し意見交換を行いました。さらには高価なロボット専用エコーなど必要機器を準備していただけることとなり、2017年12月に最新手術を開始することができました。手術導入に際し、ご尽力いただきました関係者各位にはこの場を借りて御礼申し上げます。

この手術の適応となる患者さんは「7cm未満で、転移のない腎悪性腫瘍」と診断された方です。
通常手術前日に入院して、麻酔科の診察を受けていただきます。全身麻酔をかけた後、側臥位となり通常の腹腔鏡手術と同様に側腹部に1cm前後の孔を5〜6箇所開け、筒状の器具を装着します。その器具にロボットアームを装着し準備が完了します。そして術者が手術台から離れたところにあるサージョンコンソールという操作ボックスに座り、体内が立体的かつ大きく映し出される画面を見ながらロボットを操作します。
腎部分切除術ではたいてい腎血管を洗濯バサミのようなもので挟んで血流を一時的に遮断します。そうしないと出血が多くなり、正確な手技が困難になるからです。ただし、血流遮断時間が長すぎると腎機能が悪くなるため、なるべく早く腫瘍を切除し修復して腎血流を再開させなければなりません。ロボットには手ブレ防止機能が備わっていて、ミリ単位の細かな手技を行えます。よって、正確な切除や縫合操作が短時間で可能となり、腎血流を早く再開できることから腎機能を温存する上でメリットが大きいといえます。
これまでの術式よりは出血などの合併症も少なく、患者さんに優しい手術であると考えています。手術は通常4時間前後。術後しばらくは安静となりますが、大抵は翌日から歩行や食事が開始できるようになります。術後しばらくしてから体内で出血したり尿が腎外に漏れ出るなどの合併症がみられる場合がありますので慎重に術後管理を行い、1週間前後で退院となります。

2018年6月(原稿執筆時)までに7名の方がこの手術を受けています。幸い皆さん経過は良好で大きな合併症なく無事に退院されており、まさにロボット支援手術の恩恵を受けられているものと思っています。腎がんのロボット支援手術は4cm未満の小さながんがよい適応であり、大きながんは適応になりにくいのです。また、腎がんは症状が出にくいがんであり、早期発見のためには人間ドックなどで行われている腹部超音波(エコー)検査が有用です。腎がんの好発年齢は50歳以降で男性に多いとされていますが、30〜40歳代の方でも偶然発見されるケースもあります。『元気でどこも悪くない!』と思っている方でも一度エコー検査を受けてみることをおすすめします。

泌尿器科副部長 高島 博

実際のダヴィンチ使用写真

実 績

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
前立腺がん 7 10 12 13 10 10 13 8 8 10 8 4 113
腎がん 1 1 1 1 4
膀胱がん 1 1 1 1 4
直腸がん 1 1 1 1 4

動 画

ダヴィンチ手術のご紹介・外科手術編


Produced by映像による医療活性化プロジェクト

ダヴィンチ・腎がん編


Produced by医療活性化プロジェクト

ダヴィンチのご案内


Produced by医療活性化プロジェクト